モデルガン・エアガン・カスタムガン販売のキャロムショット

〒463-0048
愛知県名古屋市守山区小幡南
1-2-10-403
052-795-5855
052-796-2152

川本孝の今月のお話

自粛ってやな感じだよね〜!!

外に出れない。女の子に会えない、映画もダメ、、
いったい何をすればいいんだ。
そうだ机の中にあるガスガンやモデルガンを引っ張り出して遊ぼう、この際カスタムパーツを付けてドレスアップするのもいいかもしれない。そこでCAROMはカスタムパーツとかカスタムグリップを1割引きすることに決定しました。オート返信は値引きされていませんが発送時には必ず10%びいてお送りします。
2020.3.28[Sat]

チョコレートのパテシエ

末娘の薫菜ちゃんがバレンタインデーを控えてチョコレートの買い出しに行きました。そこで有名なパシエテたちに囲まれて記念写真。さて本命のty子レートを買ったのでしょうか?父親としては気になるものです。可愛い娘を嫁に出したくない気持ちがあります。娘は私と違って優秀で秘書免許や英語もロンドン仕込みです。
(2020.2.13[Thu])

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。旧年ちゅうはご贔屓を賜りまして、誠にありがとうございます。本園も堂宇ぞ宜しくお願いします。
(2020.1.6[Mon])

年末年始の営業予定

早いもので2019年も終わりになります。今年はいろいろ厳しい年でしたが、来年こそは楽しい年になるように頑張りたいと思います。本年はいろいろご発注頂き感謝にたえません。来年も相変わらずごひいきください。
12月31日お休み
1月1日お休み
1月2日出荷業務のみ行います。
1月3〜5日おやすみ。
1月6日より正常業務です。
2019.12.28[Sat]

葉薫ヨーカちゃんです。

私の名前はヨーカ(葉薫)ちゃんです。生まれはマダガスカルです。私は10年ほど前にキャロムショットのイメージガールを務めていました。
(2019.11.21[Thu])

CAROMのお仕事

キヤロムショットのカスタムガンは非常に手の込んだ作品である。まず完全分解する。そしてメーカーが手に出せない、金型のバリなどを紙やすりなどで取り除く。そして中性洗剤でよく洗う。油分が残っていては塗料がのらないからだ。そして完全乾燥ドライヤーなどを使う。次にブルースチールで軽く下塗りをする。ヘビィウエイト樹脂は目に見えないピンホールが存在し、その中にはメーカーの黒塗料が潜んでいる。これを封じ込めないと、ブルーを塗った後に黒いムラが発生する。次の工程のメタルブルーの本塗りが綺麗に仕上がる為でもある。そしてメタルブルーを吹き付ける。塗るものを動かしながら1~2秒吹き付ける。そして数十秒ほど待つ、すると指触乾燥といって最初の硬化が始まる。それを確認してまた1秒から2秒吹き付ける。そしてまた仮乾燥。そのような工程を10回ほど繰り返す。そして乾燥約24時間ほどおいてから、最後の作業に移る。研磨作業である。コンパウンドをつけたポリッシュクロスで磨きあげる。丁寧に細部まで磨き上げる。こうしてやっとあのガンブルーで染めたような色艶が生まれるのだ。
(2019.10.29[Tue])

H&K45タクティカルマスター

東京マルイがすごい新作を発表した。ヘッケラー&コッホ(独:Heckler & Koch GmbH、ヘックラー・ウント・コッホ・ゲーエムベーハー)社は、ドイツの銃器メーカーである。現在主流の9mオート(多弾数)は米国CIAも携帯を義務づけているほどメジャーなハンドガンだ。ただ米国の銃撃戦現場では、9mmは貫通力が強すぎて、うまくテロリストの急所に命中しても数秒間フルオートを撃ちっぱなしになり、その弾で倒れる警察官も出る場合がある。思い返せばモロ族との戦闘の際に一撃で相手を倒すパンチの聞いた一撃が必要となり、45ACP弾が作られた。米国人は45ACPに絶大な信頼を持っている人が多い。テロリストを殺さなくてもとりあえず吹き飛ばし失神させ、戦闘力を奪うことが多いに重要なことであると考える。H&K45タクティカルは9mm拳銃のスマートなフォルムを持ちながら、あの45ACP弾を10発装填できる、まさに画期的なハンドガンと言える。現状の戦闘作戦事態にも影響できる戦力になりうる。H&Kは米国に子会社を持つ。まさに米国に輸出するための銃であることは否めない。
(2019.10.21[Mon])

消費税について
CAROM SHOTは10%の消費税に対して、10%の値引きを行います。グリップの全てカラースプレー及びカスタムパーツやアクセサリーなどが対象になります。すなわちホームページの価格は変わりません。あくまでもCAROMホームページの価格であって、一般小売店はホームページの価格に10%上乗せしたのが、正式の価格です。さてカスタムガンについてですが、これは11月頃に2%のUPを行う予定です。悪しからずご了承ください。
(2019.9.30[Mon])

退院のお知らせ
先日は突然のお話で驚きになった方も多いと思いますので、もう少し詳しくお話しします。最初は胆嚢摘出手術だったのです。胆石にかかると全ての人が胆嚢を摘出します。まあいうなれば必要のない臓器なのだそうです。簡単な手術ということで名古屋市立大学病院で摘出することになりました。柳田という医師でこれがひどいヤブ医者で簡単といわれた手術を失敗しました。経過が悪いのでかかりつけの守山友愛病院から手紙を持っていきましたが。なんともないといわれ帰りました。そのあと3日ほどたった定期健診に行ったら、いきなりうちでは治せないからと東部医療センターで救急車で連れていかれました。そこで聞いたのは大変な話、今あなたは生死をさまよっている。すぐには退院することは難しい、まず生きることを考えろといわれたのです。その生き残りの手術とは、肝臓に穴をあけて管を通しその管から、胆嚢の際に出た膿を吸い出すことなのです。とても痛くて苦しい手術に耐えました。救ってくれたのは東備医療センターの外科医澤井先生です。優しくてきれいな方です。今は元気になりましたが、心配事が一つ。売り上げが急に落ち込んだのです。私がプログをいじらなくなったせいかもしれません。このままでは今年は赤字になります。キャロムファンのみなさまにお願いします。カスタム銃1丁をお考えのあなた、グリップ1個を迷ってるあなた、今こそあなたの注文が救いです。最後は情けないお話になりましたが、今後ともCAROMのホームページを宜しくお願いします。
川本と直接連絡の取りたい方はtk-kawamoto@caromshot.comにメール下さい。
(2019.9.2[Mon])

川本は退院できました。

みなさんお久しぶりです。川本はずっと入院していました。やっと地獄から解放されました。最初は簡単な胆嚢摘出手術だったんですが(石ができていたいのなんのって)それで市大で手術を受けたんですが、その際ミスを起こして胆嚢のあった下に膿が溜まってさあ大変。市大は透析治療のゆとりがないからといって、東部医療センターに丸投げ。東備医療センターでの最初の言葉はすぐ退院なんかできない。それよりも死ぬ危険もある生きることが大切。。といわれた。肝臓に管を通して膿を吸い出す手術を受けた。もう最悪の状況に追いやられた。4人部屋でいびきがすごい奴や、やたらでかい声で「お〜い」と叫ぶ頭の変な奴がいて、眠れない毎日を過ごした。だけど今無事退院できてほっとしています。これでまた皆さんとお話ができます。皆さん病院選びは慎重に・・・。
(2019.8.20[Tue])

バックナンバー

ページトップへ